海外から帰国するとつい余ってしまうのが外貨の小銭や紙幣。現地で使い切るのが一番ベストだが、なかなかそう上手くはいかない。紙幣なら円に両替できるが、硬貨は両替できない。

『次の旅行までに保管しとこ』なんて思っても、それまでになくなったり忘れたりする。それこそ次回の海外旅行がない場合もあるだろう。
私の場合は、ゴルフのマーカーに使っていた罰当たりな奴です。

NHKによると、海外旅行のために両替した外国の通貨が帰国後も手元に残っている金額は、1人平均3万円余りで、人口などから推計すると、国内全体で1兆3000億円余りになるという調査結果が出ているとか!驚きの額だ!

手元に残る外国通貨 1兆3000億円

そこに目を付けたのが株式会社ポケットチェンジが開発した端末機器で、外貨の硬貨や紙幣を電子マネーに交換できるサービス。交通系電子マネーや楽天Edy、AmazonやLINEのギフトコード等に両替可能である。海外渡航日本人の方の余った外貨も、訪日外国人の方の余った日本円もこの端末で一発交換できる。
  ↓↓↓
ポケットチェンジ

今のところ米ドル・ユーロ・日本だがこれから交換できる通貨を増やす予定だとか。

日本初の羽田空港(HND)に2016年7月 設置

これから設置場所を増やす予定らしいので、どうにもならない余った外貨はこの端末でポイントに交換しよう。

スポンサーリンク