三井住友銀行から海外送金の特徴と送金方法の種類・手数料・海外営業所について

三井住友銀行の海外送金の特徴

  • 海外に円建てで送金可能
  • 海外にお手持ちの外貨建てで送金可能
  • 世界の主要都市には、本店・支店・出張所がある。68拠点

3種類の海外送金方法

三井住友銀行-海外送金

1.円→円→海外送金

円普通預金から出金、または円現金を店頭にお持ち込みされ、円貨建てで送金される場合

  1. 円預金 or  円現金を窓口

    円普通預金から出金、または円現金を店頭にお持ち込み

  2. 円のまま海外送金

    円貨建てで送金します

手数料
海外送金手数料 4,000円(弊行の海外店・連携銀行あては3,500円)
関係銀行手数料 2,500円(送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求)
円為替取扱手数料 送金金額の1/20%(0.05%)(最低2,500円)
100万円を円建てで海外送金した場合のおおよその手数料:

4,000円+2,500円+2,500円(1,000,000×0.05%=500円は最低手数料に満たないので2,500円適用) 合計手数料9,000円

(経由する銀行によってはそれ以上かかる場合があります。)

2.円→外貨→海外送金

円普通預金から出金、または円現金を店頭にお持ち込みされ、外貨建てで送金される場合

  1. 円預金 or  円現金を窓口

    円普通預金から出金、または円現金を店頭にお持ち込み

  2. 外貨で海外送金

    外貨建てで送金します

手数料
海外送金手数料 4,000円(弊行の海外店・連携銀行あては3,500円)
関係銀行手数料 2,500円(送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求)
為替手数料 下記図 参照

三井住友銀行 取扱通貨および為替手数料一覧

円から1万米ドルを海外送金した場合のおおよその手数料:

4,000円+2,500円+10,000円(1米ドルあたり1円) 合計手数料16,500円

1.外貨→外貨→海外送金

外貨普通預金から出金し、外貨建てで送金される場合

  1. 外貨普通預金から出金

    外貨普通預金から出金
    .

  2. 外貨のまま海外送金

    外貨建てで送金します

手数料
海外送金手数料 4,000円(弊行の海外店・連携銀行あては3,500円)
関係銀行手数料 2,500円(送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求)
リフティングチャージ 送金金額の1/20%(0.05%)(最低2,500円、または25米ドル)

外国送金サービス(SMBCダイレクト)

●インターネットバンキング(SMBCダイレクト)24時間いつでも、どこからでも、外国送金が可能。忙しくて窓口に来れない方に!
●いつも決まった外国送金をする方に!

窓口より手数料500円お得!
基本手数料500が安くなる以外はその他手数料は上記と同一手数料です。

SMBCダイレクト 海外送金手数料

スポンサーリンク


海外営業拠点 一覧

アジア 全34拠点一覧

三井住友銀行 アジア拠点一覧 拠点数 所在地
中国 17拠点

(本店(上海)/広州/杭州/北京/蘇州/天津/瀋陽/深圳/重慶/大連/蘇州工業園区/天津濱海/上海浦西/常熟/上海自貿試験区/昆山/大連)

香港 1拠点

香港

韓国 1拠点

ソウル

モンゴル 1拠点

ソウル支店ウランバート

台湾 1拠点

台北

フィリピン 1拠点

マニラ

ベトナム 2拠点

ハノイ/ホーチミン

カンボジア 1拠点

プノンペン

タイ 2拠点

バンコック/バンコック支店チョンブリ

インドネシア 1拠点

インドネシア三井住友銀行

マレーシア 3拠点

マレーシア三井住友銀行/ラブアン/ラブアン支店クアラルンプール

シンガポール 1拠点

シンガポール

ミヤンマー 1拠点

ヤンゴン

インド 1拠点

ニューデリー

ヨーロッパ 全12拠点一覧

三井住友銀行 ヨーロッパ拠点一覧 拠点数 所在地
ヨーロッパ 12拠点

欧州三井住友銀行/アムステルダム/ダブリン/パリ/プラハ/マドリード/ミラノ/デュッセルドルフ/デュッセルドルフ支店フランクフルト/ブラッセル/ファイナンス・ダブリン/ロシア

オセアニア 全2拠点一覧

三井住友銀行 オセアニア拠点一覧 拠点数 所在地
オーストラリア 2拠点

シドニー/シドニー支店パース

中東 全6拠点一覧

三井住友銀行 中東 拠点一覧 拠点数 所在地
ドバイ 6拠点

ドバイ/ドバイ支店アブダビ/イスタンブール出張所/ドバイ支店ドーハ出張所/ドバイ支店バハレーン出張所/テヘラン駐在員事務所

北米 全6拠点一覧

アメリカ 北米 拠点一覧 拠点数 所在地
アメリカ 5拠点

ニューヨーク支店/ニューヨーク支店 サンフランシスコ/ニューヨーク支店 ロスアンゼルス/ニューヨーク支店 ヒューストン/マニュファクチャラーズ銀行

カナダ 1拠点

カナダ三井住友銀行

中南米 全6拠点一覧

三井住友銀行 中南米 拠点一覧 拠点数 所在地
中南米地区 6拠点

ケイマン/ニューヨーク支店サンチャゴ/ニューヨーク支店ボゴタ/ニューヨーク支店メキシコシティ/ニューヨーク支店リマ/ブラジル三井住友銀行

アフリカ 全2拠点一覧

三井住友銀行 アフリカ地区 拠点一覧 拠点数 所在地
アフリカ地区 2拠点

ドバイ支店ヨハネスブルグ/カイロ駐在員事務所

三井住友銀行 海外送金のメリット・デメリット 

メリット

  • 三井住友銀行との取引が既にある、海外の支店や出張所が近くにある。
  • 送金受取人が三井住友銀行の海外口座を持っている。
  • 円建てで送金したい。
  • 大口で送金したい。
  • 海外の同行に送金する手数料はわかりやすい。


デメリット

  • 三井住友銀行との取引がない、海外の支店や出張所が近くにない。
  • 円建てで送金可能だが円為替取扱手数料(最低2500円)が別途掛かる。
  • 外貨預金の外貨建てで送金可能だがリフティングチャージ手数料(最低2500円)が別途掛かる。
  • 小口送金には向かない。
  • 海外の他行に送金する関係銀行手数料(2500円)は経由によってはそれ以上になることがある。
  • 為替手数料が高い。
まとめ:

利用するなら近くに海外支店や海外出張所があり、個人口座が開設可能で、大口円建てで送金したい場合には利用価値はあるだろう。

ただ海外の支店がビジネス口座以外の個人口座を開設するのかは疑問である。法人との繋がりがないと難しのかな?!

よほどの事情がない限りは、格安の手数料の資金移動会社やFX業者を利用したほうが手数料は総合的にはお得であると考えたほうがよい。


海外送金・銀行別手数料比較ランキング

三井住友銀行の海外送金ページはこちら

スポンサーリンク