新生銀行から海外送金の特徴と送金方法の種類・手数料・について

新生銀行

新生銀行の海外送金の特徴

  • 新生総合口座 パワーフレックスとGoレミット [ 新生海外送金サービス ]の2種類の送金方法がある。
  • ステージに応じて送金手数料月1回無料となる。(パワーフレックスのみ)
  • 外貨普通預金から送金可能。(パワーフレックスのみ)
  • 円建ても送金可能。(パワーフレックスのみ)
  • 12通貨に対応。
  • ネットバンキング・ATM・電話での送金可能。

2種類の海外送金方法

新生総合口座パワーフレックスとGoレミット新生海外送金サービスの比較

  • 新生総合口座パワーフレックスは店頭申込で事前登録も1件であるが、Goレミット新生海外送金サービスは郵送で受付、登録先も複数可能である。
  • 新生総合口座パワーフレックスは、個人のみであるが、Goレミット新生海外送金サービスは法人も利用可能である。
  • 新生総合口座パワーフレックスは外貨送金(円も含める)可能だが、Goレミット新生海外送金サービスは持ち込み通貨は円のみである。
  • 新生総合口座パワーフレックス手数料4,000円でGoレミット新生海外送金サービスは2,000円である。
  • 新生総合口座パワーフレックス手数料は、ステージに応じて月1回無料となる。
  • 為替手数料は、新生総合口座パワーフレックスの方が安い。
新生総合口座パワーフレックス Goレミット新生海外送金サービス
事前登録及びその後の手続 事前手続きは店頭のみ 送金先1件のみ 郵送 送金先複数登録可
店頭・電話
電話の場合は事前登録先のみ。
登録時に当行が指定した口座へ円資金をお振り込み
利用可能な方 個人 個人・法人
通貨の種類 12通貨 12通貨

円、米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、 豪ドル、NZドル、香港ドル、 シンガポールドル、南アランド、 ノルウェークローネ、トルコリラ

円、米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、 豪ドル、NZドル、香港ドル、 シンガポールドル、スイスフラン、 スウェーデンクローネ、インドルピー

送金前の準備通貨 外貨預金12通貨 円のみ
海外送金可能な通貨 円→12通貨 12通貨→12通貨 円→12通貨 
送金手数料 4,000円 2,000円 

新生プラチナのお客様は月1回無料。

円建て送金の場合、上記に加え送金額の0.1%(最低1,500円)

の円為替手数料

為替手数料

換算時のお客様のステージに応じた為替手数料を適用した。
パワーフレックス口座為替レート

1米ドル/0.15円 1ユーロ/0.4円

送金日のGo レミット専用TTSレート換算
推定
1米ドル/1円 1ユーロ/1.5円

 
中継手数
受取手数料

中継銀行、受取銀行など海外での手数料が発生する場合がある。

中継銀行、受取銀行など海外での手数料が発生する場合がある。

新生銀行の海外送金 メリットとデメリット

メリット

  • 新生総合口座パワーフレックスは、円建て送金が可能である。
  • ATMから送金可能である。
  • 新生総合口座パワーフレックスは、為替手数料が安いので大口送金向けである。
  • 送金可能な外貨が比較的多い。

デメリット

  • 支店・出張所が少ない。
  • 新生総合口座パワーフレックスは、事前登録は店頭のみの受付である。

新生銀行口座申込はこちら

海外送金・銀行別手数料比較ランキング

スポンサーリンク