国際キャッシュカードと空港・渡航先両替はどちらがお得!

『日本の空港で両替するよりも渡航先の現地で両替した方が、レートが良い!』といった話はよく耳にする。

確かに、当たっているが現地で両替が最もお得だったのは昔の話。現在は、国際キャッシュカードを利用した方がお得なるケースが多い。勿論カードの種類と使い方を誤れば、高くつく。

経験からすると、メジャーな国(通貨)は国際キャッシュカードが有利、マイナーな国(通貨)は、現地で両替した方が有利な場合もある。

海外現地の両替所では、悪徳両替商にも気を配らなければならないが、カードならそんな不安もなくなる。

国際キャッシュカードを有利にするには、まずライフスタイルに合わせた国際キャッシュカードを選び、手数料形態を事前に知っておくことが最も節約するコツでもある。

海外ATMでの国際キャッシュ 節約のコツ

          
  • 国際キャッシュカードには、ざっくり4種類ありそれぞれに特徴があること。
  • ご利用のカードが、海外のATM利用料(カード会社に支払う)1回当たりの手数料を知ること。概ね0円~200円
  • 引出し上限額が国やATMによって異なること。
  • 少額を何度もキャッシュしない。(カード会社による)上限引出しがお得だが、外貨が手元に余れば意味はなし。ショピングはクレジットやデビッド、小さなお金は両替所も考慮する。
  • 海外キャッシングを利用した場合は、数日後に繰り上げ決済で一括返済する。

国際キャッシュカードにも種類がありそれぞれ特徴がある

インターナショナルカード
国際キャッシュカード(インターナショナルカード)は、 海外ATMから、現地通貨を引き出すことが可能なカードです。現地通貨を引出せる国際キャッシュカードには、概ね4種類ある。銀行キャッシュカードPlus、銀行デビットカード、クレジットカード、海外専用プリペイドカードの4種です。それぞれのカードで特徴が違うので、評価も兼ねて具体的に説明してみよう。

ここで、ライフスタイルに合った国際カードを探そう。

1.銀行国際キャッシュカードPlus

PRESTIAの国際キャッシュカード
新規で発行できる銀行は、新生銀行とSMBC信託銀行(旧 シティーバンク)の2行のみ。
三井住友銀行やみずほ銀行は、現在発行を停止中。この国際キャッシュカードは、特別な手続きもなく、口座を開設すると郵送されてくるカード。一般銀行キャッシュカードは国内のみだが、インターナショナルカードでは国内と海外で利用できる。
これらの銀行が発行する国際キャッシュカードは海外在住者にも人気が高い国際カード。

新生銀行 インターナショナルカード

新生銀行
手数料4% 海外ATM手数料なし
年会費・口座維持費なし
有効期限なし
ショッピング
家族カード

海外初心者向け・現地通貨米ドル以外の海外中長期滞在者向け

詳しく→→手数料の安さはデビットカードに押されぎみ。しかし、新生銀行は、口座残高に関係なく月1回他行への振込が無料になる特典がある。海外初心者にも使いやすく、カードにも有効期限がないので、海外移住者や中期・長期滞在向けのカードといえる。海外での緊急時にはきっと役立つでしょう。

SMBC信託銀行 インターナショナルカード

SMBC信託銀行
バンキングカード
手数料3%(円口座) ATM手数料0円~200円(税抜)※1

プレスティア外貨キャッシュカード
手数料なし(米ドル口座) ATM手数料0~2ドル ※1

月々口座維持費2,000円(税抜)※2条件付き無料
有効期限なし
ショッピング
家族(代理人)カード

米ドルが使えるアメリカやハワイ、グアムの地域向け・海外上級者向け

詳しく→→日本から撤退したシティーバンクから引き継がれたSMBC信託銀行。通常発行されるバンキングカードは、普通預金円口座からの引出し。開設後に別途申込が必要なプレスティア外貨キャッシュカードは、米ドル決済専用キャッシュカード。
米ドル普通口座からの米ドル決済で上手にやれば手数料コスト0円に近づく優れものの国際カード。

為替両替手数料の安いFX業者を使い円→米ドルに両替、その後SMBC信託銀行の米ドル普通預金口座に資金移動する。その米ドルを海外のATMで引出すという流れ。但し、資金移動する際に1500円~2500円の手数料が発生する。

資金移動後は、シティバンクのATMを使えば無料、為替手数料は発生しない。それ以外だと現地ATM手数料だけで済む。総合手数料の安さはトップクラスだが、海外初心者には少々使いづらいカードでもある。

外貨預金残高1,000万以上でPRESTIA GOLDになると海外ATM手数料が無料になる特典もある。

  • ※1 海外Citi®および一部地域のCD/ATMで現金をお引出しの場合、CD/ATMご利用手数料は無料となります。ただし、海外Citi®のATMご利用においても、ATMオーナーがCitiでない場合はご利用手数料がかかる場合がある。

  • ※2 一例 
    前月※1の月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上。
    前月※1の月間平均総取引残高が50万円相当額以上
    詳しくはSMBC信託銀行のHPで確認

スポンサーリンク



ここまでのまとめ

海外ならデビットカード・クレジットカードと平行して2行どちらかの国際キャッシュカードを携帯しておくことをおすすめ。手数料は、デビットカードに比べて高いが、もしもの時に海外で利用できる。

特に、SMBC信託銀行・プレスティア外貨キャッシュカードは、アメリカをはじめ米ドルを利用できる国に行くなら絶対イチ押しの国際カード。

2.銀行デビットカードVISA 海外で利用おすすめ3選

デビットカード

国際ブランドVISA主流で、代表的な銀行では、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、楽天銀行、などがある。海外でショッピングや現金引出しに利用したい、口座から即座に決済したい人には使いやすいカード。





国際キャッシュカードPlusとデビットカードの違いはなに?:

Plusカードは、カードだけ『いらないよ』という訳にはいかない、口座と国際カードのセット型。基本のカードは、維持費や年会費もなし。

一般銀行は、ネット口座を開くと国内用のキャッシュカードが郵送される、それが国際キャッシュカードに変わっただけの違い。国内外のATMから現金引出しは可能だが、ショッピングには利用できない。

しかしデビットカードは、一般のキャッシュカード以外に必要な人が別途申し込めるカードで年会費無料~。国内外のキャシュとショッピングに利用できる。勿論、クレジットカードとは違いどちらも口座に残高がないと使えない。

有効期限についてもPlusカードはないが、デビットには有効期限5年がある。

イオン銀行 デビットカードVISA

イオン銀行
手数料1.6% 海外ATM手数料200円(税抜)
年会費無料
ショッピング
家族カード

海外がはじめての方や、これから留学予定の方に一番のおすすめ:

詳しく→→手数料の安さは、デビットカードの中でもトップクラス。海外初心者でも使いやすいデビットカード。

ソニー銀行 デビットカードVISA

ソニー銀行銀行
手数料1.76% 海外ATM手数料200円(税抜)
年会費無料
ショッピング
家族カード
10通貨の外貨普通預金から引出し

これらの国に渡航する方向け:

詳しく→→対象となる外貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナの10通貨。

住信SBIネット銀行 デビットカードVISA

住信SBIネット銀行
手数料1.5% 米ドル決済 海外ATM手数料無料
年会費無料
ショッピング
家族カード

渡航先がアメリカならおすすめ!:

詳しく→→外貨普通預金の米ドル決済を利用すると手数料が1.5%でなんと海外ATM利用料も無料。円決済では2.5%。

デビットカードまとめ

ライフスタイルに合ったおすすめのデビッドカード:

デビットカードを発行している銀行と手数料を比較してます。↓

海外ATMで現金引出しVISAデビットカードおすすめと手数料比較

3.クレジットカード 海外キャッシングで手数料節約術!

クレジットカード


海外で、ショッピングや借り入れが可能なカード。
デビットカードとの違いは、デビットは残高からの引出し、クレジットカードはキャッシングの借り入れになる。






デビットや銀行国際カードより手数料を安くする方法:

海外ATMからクレジトカードでキャッシングし、それを繰り上げ返済で素早く返済すれば手数料はほとんどかからない。借り入れなのでカード会社の手数料は、利息だけで為替レートには%の手数料は加算されない。通常借り入れた返済は、翌月か翌々月の支払いになるはず。例えば年利18%の利息とすると2ヶ月先の返済で概ね3%の利息が付く。これだとデビットカードと変わらないが返済を繰り上げれば数日の利息で抑えることができる。それ以外にかかる手数料はATM利用料無料~200円(税抜)。

預金があるから借り入れなんて抵抗がある!『デビットカードでいいのでは』では手数料を節約することができません。
これが国際キャッシュカードを利用して現地通貨を引き出す最も手数料を節約する方法でもある。

詳しくはこちらを参照↓

クレジットカードのキャッシング枠を利用して手数料を安くする方法

スポンサーリンク


繰り上げ決済をネットで簡単 おすすめクレジットカード

payeasy
手数料を節約するには、必ず繰り上げ決済が重要です。これら決済の方法は、一般的にカード会社のオペレーターを介さないと決済ができないカード会社が多い。

しかし海外からカード会社に電話するとなると、国際電話料の方が高くつく。スカイプを利用するのも一つの方法だが、なければ帰国まで引き伸ばしになる。

そこで簡単にネット決済可能な方法がある。これを利用できるカードを幾つか紹介してみたい。ATMで一括返済可能なクレジットはあるがネットで繰り上げ決済は殆どない。

中には繰り上げ決済できないクレジットカードもあるので、手元に既存のカードがあれば渡航する前にクレジット枠と繰り上げ決済可能かを調べておこう。

セディナカード Jiyu!da! Master

cedyna
年会費 無料
16歳以上
家族カード
海外旅行保険

ネットでらくらく簡単Pay-easyで一括返済

詳しく→→三井住友フィナンシャルグループのセディナカード Jiyu!da!
国際ブランドは、一番レートの良いMasterがおすすめ。海外からでもネットに接続できればPay-easyで一括返済が可能なクレジットカード。海外旅行保険はないので、別のカードを利用しよう。

知るかぎりではネットで一括返済可能なカードはセディナしかない。SBIカードもあるにはあるが、キャッシングの方式が口座への入金になるので海外での使いみちは薄い。

4.海外プリペイドカード

海外プリペイドカード事前にお金をチャージして繰り返し海外で利用できるカード。
国際ブランド(VISA・MasterCard・銀聯など)に対応する海外でのショピングや、海外ATMで現地通貨のキャッシュ可能。



海外プリペイドカード5社
・マネパカード・NEO MONE・MONEYT GLOBAL・キャッシュパスポート・VISA TRAVEL MONEY

1社だけ別格なカードがある!:

海外プリペイドカードを発行している会社は数社あるが、全体的に手数料は高め。しかしその中でも並外れたカードがある。それは、通称マネパカード!海外プリペイドカードの中でこのカードがNO1。

Manepa Card マネパカード

マネパカード
手数料 円→外貨両替レート 概ね0.7%~0.8%(例 1米ドルにつき0.8銭)
FXを利用すればもっと安く!


年会費・維持費 無料
審査なし 16歳以上
家族カード
5通貨の外貨普通預金から引出し

FXマネーパートナーズと連携、両替レートは格安

詳しく→→1枚のカードに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨をチャージすることが可能。
通常の両替レートも他の国際カード手数料(1.5%~4%)と比べてもずいぶんとお得であることが分かる。海外ショッピングもクレジットだと1.63%~の手数料がマネパでは無料。余った外貨も日本で使えるのも特徴的。
ただ、上記以外の外貨を引出しやショッピングに使うとクロスボーダー手数料3%がかかるので注意したい。

海外ATMを利用の際は以下にかかる手数料

米ドル
2USD/回
ユーロ
1.75EUR/回
英ポンド
1.5GBP/回
豪ドル
2.5AUD/回
香港ドル
20HKD/回

FXマネーパートナーズを利用すると為替手数料も節約できる。FX口座からマネパカード口座に振替するときに1通貨あたり0.004通貨の手数料が発生する。

ライフスタイルに合った国際キャッシュカードを見つけよう!

優等生国際キャッシュカード・キャッシングカード

SMBC信託銀行プレスティア外貨キャッシュカード

マネパカード

セディナカード Jiyu!da! Master
1回あたり100円~200円の手数料がかかるカードもあるが、ここは手数料無料
繰り上げ決済もネットで簡単!

海外旅行・短期滞在 国別おすすめカード

アメリカアメリカ(ハワイ・グアム) 

SMBC信託銀行プレスティア外貨キャッシュカード
マネパカード
米ドルならこの2社選択しかない!

セディナカード Jiyu!da! Master

香港香港 Englandイギリス australia1オーストラリア

マネパカード
香港ドル 英ポンド 豪ドルが扱えるマネパカード!

セディナカード Jiyu!da! Master

ユーロ圏(deutzドイツ italyイタリア Franceフランスなど)

マネパカード
ユーロが扱えるマネパカード!

セディナカード Jiyu!da! Master

NZNZランド swissスイス minamiahurika南アフリカ canadaカナダ Swedenスウェーデン

ソニー銀行 Sony Bank WALLETデビットカードVISA
これらの国の通貨で決済可能!

セディナカード Jiyu!da! Master

その他の国 

セディナカード Jiyu!da! Master

海外移住・中長期滞在おすすめ

海外へ纏まった資金を移動するなら国際キャッシュカードよりこちらがお得。

海外送金の方法と国別の手数料 損しないための比較情報!

纏まった資金は一括で!国際キャッシュカードは使わなくても、もしもの時に使えるおすすめカード

新生銀行インターナショナルカード
有効期限がありません。
イオンデビットカードvisa
デビットの中では海外キャッシング手数料最安値。ネット決済にも。

セディナカード Jiyu!da! Master
繰り上げ決済をネットで簡単!

国際キャッシュカードPlus 申込み先一覧

新生銀行
→
SMBC信託銀行
→

VISAデビットカード 申込み先一覧

イオン銀行VISAデビットカード
→
住信SBIネット銀行VISAデビットカード
→
ソニー銀行Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)
→

繰り上げ決済簡単クレジット 申込み先一覧

セディナカード Jiyu!da!
→

海外プリペイドカード 申込み先一覧

マネパカード
→

スポンサーリンク